マイオピン 本商品はAtropine(アトロピン)0.01%配合のお子様近視進行を抑制するため目薬です。

近視の進行を抑える目薬をご存知ですか?

当院では、マイオピンというお薬を1日1回点眼することによって近視の進行を抑制する治療を行っております。
Myopine(マイオピン)は、小児期の近視の進行を軽減させることを目的にアトロピンを0.01%配合させた点眼薬で、Singapore National Eye Centre( SNEC:シンガポール国立眼科センター)の研究に基づいて開発されています。

シンガポール国立大学の臨床試験で、0.01%アトロピンの近視抑制効果が証明されました。Ophthalmology 2012;119(2):347-54

日本でも7大学(旭川医科大学、大阪大学、川崎医科大学、京都府立 医科大学、慶応大学、筑波大学、日本医科大学)にて臨床研究が始まりました。
当院の目薬も国内臨床研究と同じ目薬を使用しています。

近視の進行を抑制することが大切な理由

子どもの近視は、主に眼球が楕円形に伸びてしまう(眼軸長が伸びる)ことで、ピント位置がずれることにより生じるケースが多くあります。
近くを見ることが習慣化してしまうと近視になりやすく、一度眼軸長が伸びてしまうと戻ることがありません。
そのために眼軸長の伸びを抑えることが、近視の進行を抑制するためには重要となります。
低濃度アトロピン(マイオピン)には眼軸長を伸展させる働きに関連するムスカリン受容体をブロックする効能があると言われています。

マイオピン点眼薬が選ばれる理由とは?

マイオピン点眼薬は、近視の進行を遅らせる(眼軸長の進展を抑制する)という点で統計的にも臨床的にも有意義な効果が確認されている唯一の治療法です。
アトロピン1%は1960年から、すでに近視治療用に使用され続けています。
しかしながらアトロピン1%は下記のような不快な副作用を引き起こします。

マイオピンは、最適な超低濃度(0.01%)のアトロピンを点眼することにより、近視の進行スピードを効果的に抑えると同時にアトロピン1%点眼薬のような不快な副作用を回避します。

アストロピン点眼による近視抑制効果

  • Placebo(ATOM1)
  • A 0.01%
  • A 0.1%
  • A 0.5%
  • A 1.0%(ATOM1)
  • Spherical Equivalent(D):近視の強さ。マイナスが大きいほど近視が強い。
  • w:週(治療開始後の期間)
  • m:月(治療開始後の期間)
  • n:症例数
  • Placebo:偽薬点眼群
  • A:アトロピン点眼群

Ophthalmology 2012;119:350から改変引用

マイオピンは安全ですか?

シンガポール国立眼科センター(SNEC)の研究によりますと、アトロピン0.01%の効能・効果及び安全性は点眼を2年間継続した後によるものです。

マイオピンの特徴

このようなお子様におすすめです

12歳以下の学童、中等度(-6D)以下の近視の方へ治療をおすすめしております。

処方の流れ

まずはお子様の視力についてスタッフ・院長までお問い合わせ、ご相談ください。

マイオピン 価格:1本(約1か月分)2,500円

近視の進行が完全に止まるわけではありませんが、少なくとも2年間継続して使用することで何もしない方と比べ近視の進行を50%軽減できたという報告を基にしています。